古紙の分別方法

自治会及びその他団体の単体で、古紙業者に直接資源回収を依頼している場合は、古紙業者によって納入先の製紙会社の分別方法にばらつきがありますので、依頼先の古紙業者の分別方法に従ってください。

 

**新聞**

新聞と新聞に入っている折り込み広告のみです。
適当な大きさ、量にしてヒモで縛ります。
新聞と折り込み広告はまとめて一緒に縛っていただいて結構です。
ガムテープでまとめたり、紙袋やビニール袋には入れないでください。

 

**雑誌**

新聞と、新聞折り込み広告以外の紙類です。
書籍・マンガ・単行本・カタログ・書類・図鑑など。
新聞と同様、ヒモで縛ってください。
小さなメモ書き用紙や紙製容器包装紙などは雑誌に挟み込んでください。

 

**ダンボール・菓子箱・ティッシュの箱など**

つぶした状態でヒモで縛ります。
ガムテープなどでまとめたりしないでください。
ラップ、アルミホイルなど、金具の付いている箱は、金具を必ず外してください。

 

**古紙禁忌品**リサイクルできないもの

窓付き封筒・ビニールコート紙・紙コップなどのワックス加工品・油紙・写真・合成紙・防水加工紙・感熱紙(FAX用紙)・感熱発泡紙(点字用紙)・裏カーボン紙・ノーカーボン紙・縦横シュレッダー済みの紙・表面がロウで加工されている段ボール・緩衝材として使われている紙 など
禁忌品処理につきましてサンプルをいただけましたら検討いたしますのでご連絡ください。

 

**アルミ缶**

缶の中を洗い、軽くつぶして大きめの透明ビニール袋に入れてください。
缶の中には何も入れないようにお願いします。
スチール缶は絶対に混ぜないようにしてください。

 

**牛乳パック**

中を洗って開き、完全に乾燥させた状態にしてください。
ヒモで縛ってまとめてください。
酒パックのように、内側が銀色など、パックが加工されているものは不可となります。

 

**古着**

衣類のみです。
中が確認できる透明か半透明の袋に入れてください。
~出せるもの~
洋服・和服・皮革製品・帽子・インナー・学生服など「着られるもの」に限ります。
ボタンが取れていたり、ファスナーが壊れている程度のものはOKです。

 

**古着の禁忌品**
① 布団・枕・シーツ・毛布などの寝具類
② じゅうたん・マット・カーテン類
③ 傘・雨具類
④ スリッパ・靴などの履き物類
⑤ カバン・ベルト類
⑥ 手芸関連品・裁断くず類
⑦ ぬいぐるみ
⑧ 破れ・汚れ・傷みのひどいもの
⑨ 濡れているもの

 

分別にご協力をお願いいたします。

これは?と思う古紙についてはお気軽にご相談ください。